30代独身女性が転職活動前に知っておくべき”キャリア”の考え方

転職-女性-30代-独身

どうも、しょうたです。

突然ですが、「30代」という年齢は、男性にとっても女性にとっても大きな節目の年齢。

特に女性は男性以上に、仕事のこと、結婚のこと、出産のこと、などなど考えるべきことが多くある年齢でもあります。

「結婚しても働き続けれる会社に転職したい」
「結婚は二の次、バリバリ働く女性の働き方に憧れる」

独身のうちに人生の方向性を決めたいと思うのが、30代女性にありがちな転職理由。

もしかして、このような悩みで転職を検討していたりしませんか?

でも30代女性で独身の転職。早まるのはよくないですよ。

僕はキャリアコンサルタントの仕事をしていたこともあり、独身の30代女性の方から転職の相談を受けることも多くありましたが、僕がお伝えすることはだいたいいつも同じです。

今日はそこんところをまとめておきます。

では早速…

 

1. 将来の明確なビジョンを持つ

独身の方であれば、特に将来のビジョンは大切だと思うんですよね。

ここで言うビジョンとは、 「自分が将来どうなっていたいか」ということ。

私も前職で人事を経験していましたが、企業にとって「独身の30代女性」は既婚者よりも採用しにくかったことを覚えています。

「結婚していないからダメ!」という訳ではなく、「今後結婚をして会社を退職する可能性がある」という点で採用するかどうかを悩んだことがありました。

やっぱり企業としては、何人でも上限なく人を採用できるわけではないので、「長い間一緒に働いてくれる人材」を求めている傾向があります。

ほら、やっぱり女性の中には、

 

将来は専業主婦に!

と思っている人もいる訳じゃないですか・・・

でも逆に、同じ30代女性であれば「結婚をし、子育ても落ち着き、この先長い期間一緒に働いてくれそう」という人の方が採用しやすいです。

実際、僕が今働いている会社でも最近人を採用したんですが、このような方を採用しました。

 

ですので、独身の30代女性の方はハッキリと自分の方向性を持つ方がいいですよ。

その方が転職活動の際、面接でもハッキリと自分の意識を伝えることができますからね。

想いが伝われば、別に結婚している、していないは採用には関係ないと思います。

面接官に自分の想いをぶつけちゃいましょう!

 

<面接での注意点>

面接の時のちょっとした注意点!
転職を検討している段階で、「現職の給与では将来が不安」「派遣OLだと不安定なので正社員希望」などなど、現状になんらかの不満を持っているわけじゃないですか?
でも面接で「前職の〜が不満」「上司が〜・・・」など、仕事の不満を面接官にぶつけるのはイメージ悪いんで注意しましょうね!僕も一回これで面接失敗した経験ありますからw
いや、確かに前職に不満があるのは事実だと思いますよ。でも、面接官への伝え方は要注意です!
「前職に不満がある」と伝えるより、「前職にはない○○という環境が御社にはある」と伝える方が聞いてる面接官も気持ちがいいじゃないですか。
同じ内容を伝えるにしても、「伝え方大事ですよー!」というお話でした。

 

2. 必要であれば資格を取得する

将来的にやりたいことが明確であれば、資格を取るのもアリです。

ただ、資格って取れば良いってもんじゃないんですよね。

僕も無駄に、宅建や競売物件の資格、キャリアコンサルタントの資格、潜水士の資格・・・

などなど、「資格マニアか!」と言われるぐらい資格を取ってきました。

ただ、ほんと今となっては必要のない資格も多くあります。反省してます…

ですので!これから資格の勉強をしようと思っている人は、明確に活かせる資格を勉強するべきです!

資格には何の意味もありません。資格を勉強する過程に意味があると僕は思っています。

そんな僕がおすすめする資格はコレ。

 

第3位 マネーや法律系

FP(ファイナンシャルプランナー)や社会労務士の資格はいいかもしれないですね。

僕も銀行員時代、FPの資格の勉強をしました。

デモ・・・試験は落ちてしまったんですけどねw

先ほどお伝えした通り、勉強する過程が大事。

しっかりと身についていますよ!

あと、社労士や司法書士の資格を取れば、そのまま仕事にも活かせそうですね。

ただこの場合、しっかりと合格しないことには仕事には活かせそうにないですが・・・

数字に強い社員はどこの会社でも重宝されますよ!

 

第2位 カウンセリング系

キャリアコンサルタントの国家資格はなかなかおすすめですよ!

僕は前職で人材紹介等の仕事をやっていたので、会社に取らされたんですが、結果的に良い資格だと思っています。

人と関わる仕事って楽しいですからね。

あと年齢に関係なく、また年を重ねても続けることができる職種でもあるのが特徴です。

僕は男ですが、一緒に受講した仲間には、上は60代から下は20代の方まで幅広い年齢層の方がいました。

同期たちは今何をしているかというと、人材系のベンチャー企業で働いていたり、学校の進路指導室で働いていたり、職安で働いていたり、いろいろです。

受講料がなかなか高額なんですが、興味のある方は是非。

 

第1位 パソコン系

今ではワード、エクセルは誰でもある程度使えるのが当たり前の時代。

人と差を付けるのであれば、Webクリエイター系の資格、もしくはプログラミング等の勉強をやる方がいいかもしれないですよ。

会社にホームページが作れたりする人や、簡単なプログラミングができる人がいれば、企業としてありがたいですけどねー。

僕も今、プログラミングの勉強中です。

沖縄で副業するならブログ書け!初心者が収益化まで学ぶ虎の巻"Blog Hacks"がおすすめ!

2018.10.21

沖縄でプログラミング教室に通うなら"Skill Hacks"で勉強する方が超おすすめ!

2018.10.07

どの会社もSNSを運用する時代ですからね。

SNSの運用が得意だったり、ブログ書けたり、プログラミングできたりすれば、それだけで仕事になる時代です。

興味のある人は一緒に頑張りましょう!僕もブログやSNSの運用は好きです。

 

3. 転職することを焦らない

ご紹介したような資格や勉強をすれば、自分に自信が持てるかもしれないですね!

「でも資格を取るのには時間がかかるんじゃ・・・」
「そんなことをしている間に年を重ねてしまう・・・」

このような声が聞こえてきそうですが、どうですか?

そう思った方、転職することを焦る必要なんてないですよ。

転職活動なんて焦ってしても大変になるだけです。

実際僕がそうでしたw

転職先を決める前に銀行に辞めると伝え、めちゃくちゃ急いで転職活動をしたことを覚えています。

 

今働きながら、徐々に進めるのがベストです。

転職エージェントや求人サイトへの登録をすれば、自分で探しに行かなくても希望の条件にあった求人情報をピックアップしてくれます。

そういったところから転職活動を初めていけばいいんじゃないでしょうか?

ちなみに僕が転職活動をした時は、転職エージェントにリクルートエージェントdodaを活用しました。

女性であれば、女性専用転職サービスリブズキャリアがいいかもしれませんね。

あとは、転職エージェントサービスにプラスして、自分でもリクナビNEXTなどで仕事を探しましたよ。

焦って仕事を探しても良い結果にはならないので、今働きながら転職活動を始めていきましょう。

まずはご紹介したサービスに登録していくところから。

 

さいごに:結婚にとらわれないキャリア選択を

30代女性、独身者向けに僕が伝えてきたことはこんな感じです。

転職の時期が30代だろうと、独身だろうと、結婚していようと、そんなの関係ないですよ。

思い立ったら吉日。

やらなきゃ後悔するだけです。

あと、妻いわく、「女性は30歳までに結婚したがっている人が多いよー」という話だったんですが、そういうのちょっと古いですよね、考えが。

今は別に結婚してもしなくても”個”の時代ですからね。

世間体とか関係ないですよ。

「今やりたいことをやる」それだけです。

僕も自由にさしてもらっています。

たまに妻に怒られますけどね…w


今すぐ転職エージェントに登録しよう

● 今の仕事をこのまま続けるのは嫌だけど、なかなか一歩が踏み出せない…
● 転職活動って新卒でやった就職活動のように大変なんじゃ…
● 良い条件の仕事なんてなかなか見つからないよ!

これらは勝手な思い込みです。次のステップを一歩を踏み出すのは他の誰でもなく自分自身です。確かに転職活動は大変な部分もありますが、それは全てを一人でやろうとしてしまっているから。転職エージェントと相談をしながら転職活動を進めることでスムーズに次の仕事を見つけることができます。ダラダラ毎日を過ごすなら一歩を踏み出す勇気を!

詳細はこちらから