ウチナータイム(島時間)とは『相手の人生を奪うこと。』

ウチナータイム 島時間 とは

いやー、やられた。先日ウチナータイム(島時間)というものにやられました。

沖縄で人と約束をしていたら、案の定1時間ほど遅れて来た。

ウチナータイム(島時間)とは、沖縄、南の島独特の時間的感覚のことで、よく「沖縄では待ち合わせの時間に遅刻するのは当たり前」とか言うけど、これってどうなの?って思った話です。

 

ウチナータイム(島時間)とは『相手の人生を奪うこと』だ!

時間はお金と同じように価値があるものだという意味で、よく『時は金なり』って言うけれど、僕の考えはちょっと違う。

『時は人生なり』っていう方がしっくりくると思っている。

“人生”が有限である限り、人に寿命というものがある限り、人にとって“時間”とは命そのものだ。

 

それを踏まえた上で…

沖縄で遅刻を「ウチナータイム」という一言で済ませるのはおかしいと思う。

しかも、「ウチナー」っていうけれど、沖縄でもきちんと時間を守ってくれる人は多くいる。

「沖縄」という大きなくくりにしたいのは、遅刻した本人の都合だ。

飲み会の「ウチナータイム」は、100歩譲って許そう。

でも仕事はダメでしょ。

仕事での打ち合わせの遅刻は、多くの人の命を奪うことになる。そこで仕事の段取りが止まってしまうからだ。関係者全てのスケジュールを狂わすことになる。

そのことを遅刻魔は理解すべき。

 

『沖縄に住む人=時間にルーズ』というわけではない。

「沖縄の人は時間にルーズ。」
「島時間だから仕方がない。」

と、一部の人のために“沖縄”というくくりで『時間にルーズ』という印象を与えることは本当に勿体無い話。

沖縄は自然豊かな場所だから時間がゆっくりと流れる、それを『島時間』というのはステキな例えだ。

ただ、『島時間』がゆえに沖縄の人は時間にルーズと思われてしまうのは、沖縄に住む人にとって迷惑な話でもある。

沖縄に流れるゆったりとした時間を楽しみつつ、相手の時間を尊重できる人間でありたい。


沖縄への転職もエージェントを活用しよう

● 沖縄って仕事あるの?
● 沖縄は給料も安くて良い条件の仕事ってないんじゃないの?
● 沖縄移住をしたいけど仕事を探しきれない…

沖縄はリゾートというイメージばかりであまり“仕事”というイメージがありませんが、それは勝手な思い込みです。沖縄にも仕事はたくさんありますし、中には内地の企業にも劣らない条件で働ける職場もあります。要は仕事の探し方がポイント。沖縄での転職先もネット検索だけでなく、転職エージェントサービスを活用すれば、沖縄での仕事探しもスムーズになるはず。

詳細はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です