【銀行員から転職する人へ】履歴書に書く自己PRに使ってもいいよ!

銀行員 転職 自己PR

元銀行員、今はボート業界で働くしょうたです。

銀行員から転職する際の履歴書に書く自己PRって困りますよねー。

銀行で自分自身、何が身についたのか・・・ってことを振り返ってみても、案外何も身についた気がしません。

実際、銀行で身についたスキルは銀行内でしか役に立たなかったりもします。僕も銀行員から転職する際、履歴書に書く自己PRをどうするかでかなり悩みました。

ということで、僕が考えた履歴書に書いた文面をマルッとそのまま載せておきます。
例文として参考にしてみてください。

参考になるかわかりませんが・・・

 

銀行から転職する際に履歴書に書いた文面を例文に使ってもいいよ!

「銀行員はつぶしが効かない」と言われるぐらい、銀行業務で身につくスキルは基本的には銀行内でしか役に立ちません。

そんな中、ない頭を振り絞って考えた文面がこれです。

 

『職務要約』欄に書いた文面

新卒入社をして3年5ヶ月、銀行の法人営業職として、主に中小企業向け提案営業に従事してきました。既存取引先を50社程担当する一方、新規先開拓の推進を任されており、飛び込み営業も経験しております。

 

『業務内容』欄に書いた文面

入行店。1年目は営業推進グループの副担当者として、部内稟議・事務処理や与信管理等の業務を行い、債務者実態把握スキル、財務分析スキルを身に付ける。2年目より担当先を受け持つようになる。現在は既存取引先の中小企業を50社程度担当する一方、新規開拓チームに所属しており、窓口拡大に注力している。

【営業スタイル】既存先40%、新規開拓60%(飛び込み営業)

【担当地域】大阪市北区・中央区・都島区

【取引顧客】担当先50社程

【実績】
・大口為替新規先獲得による本部長表彰受賞

・取組んだ不動産関連の案件が西日本の好事例として採り上げられる

・業務推進評価にて部長より最高評価を獲得

【ポイント】
大口為替新規先獲得と不動産関連の案件は、何れも新規先及び預金のみ先への営業に注力した結果、案件成約に繋げることができた。部店全体の業績にも貢献し、業績推進評価にて部長より最高評価を獲得。

 

履歴書の『活かせる経験・知識・技術』欄に書いた文面

経営実態把握スキル

経営者と同じ目線で考える営業を心掛けております。ただ単に、ファイナンスや金融商品の提案を行うのではなく、経営者が抱える経営課題について一緒になって考え、その解決方法を提案するスタイルで営業を行っております。その中でも面談を積み重ねることで、顧客自身も気付いていない潜在ニーズを探り当て提案に生かしてきました。

 

対人理解力

営業の面談相手のほとんどが経営者です。企業の数だけ経営者の性格・趣味・人柄等が違ってきます。その為、相手の多様な属性や背景を踏まえて、気持ちや考えを正確に受け止め理解することを心掛けております。常に自分自身が経営者に関心を持ち、又逆に自分自身に興味を持ってもらうべく自己研鑽に努めております。

 

チャレンジ行動

何事にも積極的・前向きにチャレンジしていく姿勢を常に心掛けております。業務では顧客の新規開拓を積極的に推進し、取引獲得にも繋げることができました。又、融資取引のなかった企業に対しても、試行錯誤しながらも取引拡大できた案件もございます。組織においても高い目標の達成に向け、積極的に貢献すべく行動しております。

 

履歴書の『自己PR』欄に書いた文面

担当者の対応や熱意が企業の資金調達銀行選定基準になりやすく、銀行間のサービスでの差別化が難しいこの業界において常に意識していたことは、「経営的関心」と「経営者の視点」を持つということです。経営者とのコミュニケーションにおいては、事業経営や経営者に対する関心が不可欠です。これらを意識することで、自分よりも目上の経営者から高い信頼を得られていたと自負しております。

 

銀行員からの転職はなんとかなる

以上です!
文面をみていただいたらわかるように、僕は法人営業だったので、営業じゃない部署の人はあまり役に立たないかもしれません。為参考程度で見てください。

銀行員からの転職はなんとかなりますよ!「転職先が決まらない!」なんてことにはならないと思います。

自信を持って転職活動にのぞんでください!
では。


今すぐ転職エージェントに登録しよう

● 今の仕事をこのまま続けるのは嫌だけど、なかなか一歩が踏み出せない…
● 転職活動って新卒でやった就職活動のように大変なんじゃ…
● 良い条件の仕事なんてなかなか見つからないよ!

これらは勝手な思い込みです。次のステップを一歩を踏み出すのは他の誰でもなく自分自身です。確かに転職活動は大変な部分もありますが、それは全てを一人でやろうとしてしまっているから。転職エージェントと相談をしながら転職活動を進めることでスムーズに次の仕事を見つけることができます。ダラダラ毎日を過ごすなら一歩を踏み出す勇気を!

詳細はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です