【ちょい待ち!】沖縄移住の資金の心配の前に考えておくべきこと

沖縄 移住 資金

大阪出身、エセウチナーンチュのしょうたです。

沖縄移住をするのにいくらの資金がかかるのか?
考えたことありますか?

「沖縄って本島からかなり離れているから、引越し代がバカにならなそう!」と思った方、あながち間違っていないですよ。

ズバリ!

結構なお金がかかってくるんです。僕も大阪出身の島ないちゃーとして、身を持って感じました。

そう、

3年程前に。

ただ、ちょい待って。

僕、

めーーーっちゃ!後悔していることがあるんですよ。

沖縄移住の必要資金、

引越し業者の言われるままに、

「はいはい、出しますよー!」なんて言っていたら後悔しますよ。

 

大阪から沖縄宜野湾へ引っ越した3年前・・・

新卒で三井住友銀行へ入行し、3年半勤めたのち、沖縄の某IT企業へ転職。

正直、あの時浮かれてましたね。

やっと銀行のストレスフルな業務から解放されて、青い空、何層にも重なる碧い海、自然豊かな沖縄で仕事ができると・・・。

ほんと浮かれていました。

なので、

大阪から沖縄への引越し代が70万円もしたのですが、あの時はまったく高いとも思いませんでした。

が、しかし!

今思うと、高すぎ!日本国内への引越しなのに・・・

70万円って!!

引越し業者は、一応妻がネットで相見積を取ってくれていたんですが、何社も来てもらって対応するのがめんどくさかったらしく、結局2社のみ見積もりを取りました。

70万円という金額ではあるんですが、別に変な業者に頼んだわけではありません。

パンダのマークの有名な会社。。

70万円の内訳は、

60万円は家具等の部屋の荷物の引越し代金、残りの10万円は自家用車の移動費。

今思うと、ほんとバカみたいな金額なんですが、当時は何も考えていませんでしたね。
何がバカって自分がバカでした。

 

これから沖縄移住を考えている人へ

僕自身がこのような失敗をしているので、これから沖縄へ移住しようと考えている人へアドバイスがあります。

それは・・・

その家具本当に必要ですか?

ということ。

僕が今、再び大阪から沖縄へ引っ越すことになれば、家具は極力持って行かず、必要最低限のものまで、売るか捨てるかどちらかを選択します。そして、スーツケースや手荷物で運べるまで荷物を最小限に抑えます。

そもそも考えてみてください。

70万円あったら、沖縄で十分新しい家具を新調することができますよ。

あと、家具や車をうまいこと売ることができれば、元手の資金はもっと増えますよ。

そしたら、身も心も家具も全て心機一転!沖縄ライフを始めることができます!

いやー、これ以上最高の沖縄移住のやり方はないはず。

 

ちなみに僕の場合、大阪で3LDKに住んでいたのですが、その時使っていた家具を沖縄の2LDKの新居に持ってきたら、もうパンパン!

沖縄移住となると、仕事や収入面のことも考え、内地の時よりも節約しようと考える人も多くいると思うのですが、そういう人こそ家具は内地で手放しておくべきです。

これから沖縄移住を考えている方は是非参考にしてみてくださいね。


沖縄への転職もエージェントを活用しよう

● 沖縄って仕事あるの?
● 沖縄は給料も安くて良い条件の仕事ってないんじゃないの?
● 沖縄移住をしたいけど仕事を探しきれない…

沖縄はリゾートというイメージばかりであまり“仕事”というイメージがありませんが、それは勝手な思い込みです。沖縄にも仕事はたくさんありますし、中には内地の企業にも劣らない条件で働ける職場もあります。要は仕事の探し方がポイント。沖縄での転職先もネット検索だけでなく、転職エージェントサービスを活用すれば、沖縄での仕事探しもスムーズになるはず。

詳細はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です